審査の甘いキャッシング

低金利で借りる

消費者金融でキャッシングをすれば元金と併せて毎月の利息を支払う義務が発生します。貸金業者は法律で定められた法定金利の間で、消費者に対して金利を請求することが出来るのです。かつては30%近い年利をとっていた金融業者も、現在では18.0%以内に制限されていますので、以前ほど利益をあげることはできません。

したがって消費者金融は貸し倒れを防ぐために、優良顧客のみ扱うようになったのです。借入件数が4件以上の多重債務者や、信用情報機関に事故情報として登録されているような人が審査に通らなくなったのは、こういった事情があったからです。

消費者にとってもキャッシングをするなら可能な限り低金利の金融機関を利用したいと考えます。一番金利が低い業者は銀行などの大手金融機関ですが、銀行のフリーローンは審査が厳しいのでなかなか狭き門となっているのが実情です。したがって、大手銀行系列の消費者金融が事実上一番低金利といっていいでしょう。

ただ、この大手消費者金融も審査は甘くはありません。せいぜい借入件数は三件以内が限度でしょう。それ以上あると審査には通りません。また、総量規制の施行されたことで年収の三分の一以上の借入がある方も審査には通らなくなりました。こういった多重債務者の方は、大手を外して準大手か中小の金融会社をあたるべきです。

中小のキャッッシングローン会社なら大手ほど審査は厳しくありませんので、審査に通る確率は飛躍的に高くなります。その代り、大手ほど金利が低くないのが実情で、12.0%〜18.0%の年率になります。初めての取引ならば、法定金利一杯の18.0%を覚悟しておいたほうが得策でしょう。お金を借りれるだけマシと考えたほうが無難です。それほど多重債務者への融資は厳しいということです。

キャッシングの利用方法