無職キャッシング

無職の場合

リストラや何らかの都合で仕事を失った場合、収入がゼロの無職として扱われます。当然、金融業者にとって無職は、顧客として対象外となってきます。どんなに頼んでみたところで、無職でキャッシングができる可能性は皆無ということです。

但し、サラリーマン時代に消費者金融のカードローンを利用してカードを作っておけば、たとえ無職となってもそのカードでお金を借りることは可能です。毎月の支払いを遅延して金融業者から勤務先へ連絡がいかない限り、仕事を失ったことが金融業者にバレることはありません。

無職でキャッシング

しかし、どうしてもお金が必要なことが発生してきます。そういった場合、金融業者からお金が借りれれば問題ないのですが、無職にお金を貸してくれる業者はどんなに探しても出てこないのが現実です。

もしもクレジットカードを保有していれば、現金化などでお金を作ることは可能ですが、そういった行為をして大切なクレジットカードを失ってしまえば元も子もありません。

どうしてもお金が必要であれば、とりあえず無職という現状から回避する必要があります。たとえば、派遣会社などに登録をして金融業者からの在籍確認がとれるようにすれば、審査に通る確率はあがるでしょう。

正社員ではないので、たとえ審査に通ったとしても貸付限度額は低く設定されるのは覚悟しないといけませんが、とにかく審査に通ることが先決です。

限度額をあげていく

たとえ最初の限度額が低くても、毎月の支払いを確実に履行していれば信用度もあがっていきますので、限度額upの問い合わせがきます。金融業者は基本的に顧客にお金を貸したいと考えていますので、その顧客の信用が高くなってくればお金を貸そうとしてきます。黙っていても限度額はあがってくるということです。

レディースローン